健康維持で心がけていること紹介!効果的な方法は何?

健康対策は若い時から必要

健康対策は若い時から必要

 

 

年齢:28
性別:男性
意識部位:胃(胃炎)
継続年数:20歳〜28歳 8年間


 

 

急性胃炎がきっかけ

 

当時高校生だった頃に、朝食、昼食を取らずに自宅で夕食を食べたら突然激しい胃の痛みに襲われました。
最初は少し姿勢を崩して座って休憩をしていたのですが、そのうち座っているのもしんどくなってきたので、自宅のソファーに寝転がりました。
それでも、すぐには痛みが治まらず呼吸をするだけで声を上げるほど強い痛みでした。
病院へ行こうと考えたものの、痛みがなかなか治まらず動くことも出来なかったため、一瞬救急車を呼ぼうともしました。
結局、その時は救急車を呼ばず痛みは一晩寝たら治まりました。
ですが、念のため後日病院へ行ったところ、急性胃炎と診断されました。
朝食、昼食を取らずに夕食を食べたことで、胃がびっくりして胃炎を引き起こしたのだろうとのことでした。
先生曰く、元々胃が弱いのであろうとも言われました。
それがきっかけで、自分は胃を驚かせないように生活をしようと意識をすることにしました。

 

 

毎日必ず、3食しっかり取る

 

食べていない時間が長すぎると胃がびっくりしてしまうということですから、毎日決まった時間に食事を取るようにしています。
大体、1日6時間置きくらいに食べています。ただ寝起きはなかなか食べられない体質であることと、起き抜けにいきなり食べるとまた胃を驚かせてしまう可能性があるため、朝は出掛ける2時間前には起きるようにして胃を少し動かせてから朝食を取るようにしています。
そうすることで、朝も自然と食べられるようになり、不思議と朝食を食べていなかった頃よりも朝食を取るようにしてからの方が昼食を食べられるようになりました。
これも、胃が健康になれた要因ではないかと思います。

 

 

この生活を継続させてもっと食が太くなれるように

 

元々胃が強くないと診断されたこともあり、胃炎はほぼ解消されたものの、あまり1度に多く食べられません。
将来的には、好きなものを好きな量だけ食べても胃が驚かないくらい胃を強くさせたいと思っています。
そのために、今のこの生活を続けていきたいです。継続した分だけ、健康でいられると自分は信じています。

page top